雨漏り修理費用を抑えるために内容チェック

新築住宅であれば修理費用が無料になる可能性があります。これから雨漏り修理や調査を依頼するなら確認しましょう。

事前に確認していた方が良い雨漏り修理費用


新築住宅の雨漏り修理は自分たちで負担しなければならないのですか?
法律上、新築住宅は住宅瑕疵担保責任保険期間が10年と定められています。そのため、築10年以内の新築住宅であれば家を建設した業者に、雨漏り修理費用を負担してもらえます。雨漏り修理は、工事の内容で費用が上下するため、場合によっては100万円を超えますが、この制度を利用すれば負担を軽減させることができます。
そのため、雨漏り修理をする際は、建築を依頼した業者に連絡して、住宅瑕疵担保責任保険の適用について確認しましょう。

新築住宅でも定期的なメンテナンスが必要

雨漏り修理をしたからと言って、そのままメンテナンスもせずに放置するのは良くありません。修理後は必ず定期メンテナンスを受けましょう。

6年ごとがベスト

作業員

外壁の雨漏り修理を依頼した場合、6年を目安にメンテナンスを行ないましょう。6年というのは住宅の老朽化を防げる上に、丈夫な壁を維持するのに最適な期間です。外壁の強度を徐々に上げる効果があり、無駄な修繕が少なくなることでコスト削減にもなるのです。しかし、万が一6年が経過する前にひび割れなどの異常が見つかった場合は、すぐに修繕を行ないましょう。修繕が遅れるとせっかく修理した箇所が悪化し、さらなる住宅の老朽化に繋がってしまいます。

気候環境で異なる雨漏り事情

日本は、地域によって降雨量に差があります。海に囲まれた気温の高い地域では雨が多くなり、その分雨漏りが発生する頻度も多くなります。しかし、湿度が低く、雨が少ない地域では雨漏り発生率は非常に少ないものです。さらに、日本は雨だけではなく地震といった自然災害も起こりやすいので、雨漏り被害の拡大には十分気を付けましょう。

TOPボタン