新築住宅の雨漏り原因解明

新築住宅で雨漏りが発生しているのなら、雨水の浸入経路を調査するべきです。まずは雨漏りが起こりやすい箇所を確認しましょう。

窓廻りと換気口廻りから雨水が漏れる


新築住宅の場合どこから雨漏りするの?
築5年未満の新築住宅で発生する雨漏りは、多くの場合窓や換気口が雨水の浸入経路となっています。元々、窓や換気口というのは住宅の構造上、雨水に対して弱い部分となっているため、建築時にしっかりと防水処理をしなければ雨漏り被害に遭いやすくなるのです。
また、新築住宅に使われているシーリング材の寿命は約5年と言われているので、それよりも早い内から雨漏りが発生しているのなら施工時のミスも視野に入れましょう。

雨漏りによる被害が拡大するとどうなる?

雨漏りというのは、放置すると次第に被害箇所が拡大してしまいます。そのため、まだ軽い症状だから油断してはいけません。

余計な補修や塗装をしなければいけなくなる

雨漏り修理を怠って被害をそのまま放置すると、カビの繁殖、外壁や天井のシミ、住宅木材の劣化に繋がります。そうなると補修や外壁の塗装といった余計な手間がかかることになってしまいます。また、カビを放置すると健康被害に繋がりますし、住宅木材の劣化は家の耐久性を低下させます。雨漏り修理はDIYで対策をしてもよいのですが、確実に被害を食い止めたいのなら雨漏り修理専門業者への連絡が一番です。専門業者なら余計な手間をかけることなく一度で修理を完了させます。

どんなに小さなシミでも業者に相談を

雨漏り被害を早く解決するポイントは、スピーディーな行動です。シミやカビの発生といった症状を発見して、すぐに業者に雨漏り修理や調査を依頼することで被害を最小限に抑えられますし、新築住宅の耐久性向上にも繋がります。

TOPボタン